ストックホルム・ガムラスタン(旧市街)からユールゴーデン島へフェリーで行く

e0333647_08460563.jpg

ストックホルムの旧市街、ガムラ・スタン。

とっても素敵な街並みで大人気の観光スポットです。

そのガムラ・スタンの南側。
ほぼスルッセンに近い場所から可愛らしいフェリーが出ているのです。

行き先はユールゴーデン島。
そう、以前ご紹介したローゼンダール・トレードゴードがある島です。

でもこの島、実はちょっとアクセスが悪い。
44番バスかトラムでしか行けないのです。

だけどこのフェリーならガムラ・スタンからユールゴーデン島に直行!
しかもお得なトラベルカードが使えちゃうのです♪


e0333647_08461026.jpg

こちらがトラベルカード。
ストックホルムの地下鉄、市バス、トラム、一部フェリーが乗り放題になります。

お値段は24時間(115SEK)、72時間(230SEK)、7日間(300SEK)です。
(注:2014年6月時点)


e0333647_08461368.jpg

フェリーに乗船。


e0333647_08461767.jpg

コンパクトな可愛い船です。


e0333647_08462090.jpg

船内の様子。

この日は休日だったので親子連れの方が沢山。
子供たちは船の外で楽しそうに風景を眺めていました。


e0333647_08462429.jpg

途中に見えるシェップスホルメン島。

このフェリー、全てではありませんがこの島に立ち寄る便があります。
ユールゴーデン島に行く場合は間違って降りちゃダメですよ。


e0333647_08462844.jpg

反対側に向かうフェリー。


e0333647_08463297.jpg

ジェットコースターが見えてきました。
ユールゴーデン島です。

ガムラ・スタンから約10分。
ちょっとした船旅を楽しめます。


e0333647_08463659.jpg

さあ、ユールゴーデン島に上陸です。


e0333647_08464092.jpg

なかなかオシャレな船着き場。


e0333647_08464560.jpg

みんな早く遊園地に行きたくてウキウキしています。
そう、ここにはチボリ公園があるのです。


e0333647_08464800.jpg

チボリ公園と言えばコペンハーゲンが有名だけど・・・。
ストックホルムのも面白そう。

残念ながらスケジュールの関係で入園は断念。

次回はぜひ入園してみたいな♪



ブログ村と人気ブログランキングに参加しています。
それぞれ1日1回↓ポチっ↓と応援して頂けると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ






[PR]
by pienisieni | 2014-08-15 08:54 | 旅(海外)


PieniSieni(ピエニシエニ)オフフープ™立体刺繍、日本フェルタート™協会理事(Bead Felt Embroidery artist)


by PieniSieni

プロフィールを見る

カテゴリ

◆プロフィール
◆作品タイプ
◆活動予定
◆書籍(著書・共著)
◆雑誌・書籍掲載
◆講座・教室・WS
◆販売・商品化
◆ギャラリー(作品)
◆ギャラリー(デザイン画)
仕事
作品展示
制作・刺繍
制作・オフフープ立体刺繍
制作・フェルタート刺繍
制作・フェルタートフラワー
制作・ビーズ
他制作に関する事
愛犬

洋服
雑貨
旅(海外)
旅(国内)
その他

書籍(著書)

e0333647_11583454.jpg
Amazon→こちら
楽天→こちら


e0333647_11583892.jpg
Amazon→こちら
楽天→こちら




書籍(共著)
e0333647_11225968.jpg
Amazon→こちら
楽天→こちら


e0333647_11582963.jpg
Amazon→こちら
楽天→こちら




通信講座
e0333647_12393972.jpg
日本ヴォーグ社「テナライ」
PieniSieniによるオフフープ™立体刺繍の通信講座
お申込みはこちらです




キット
e0333647_12304799.jpg
サンフェルト社「フェルトで作るお花ブローチ」発売中




お仕事のご依頼
こちらからお願い致します




PieniSieniのSNS
HP

Twitter

Pinterest

Instagram

Shop




日本フェルタート™協会のSNS
HP




お願い
ブログ、書籍、キットなどの作品著作権はPieniSieniまたは企業様に帰属いたします。
無断でこれらの作品画像や文章などの転載、複写、デザインやレシピの使用(コンテスト出品や商用利用)はご遠慮下さい。




リンク
リンクフリーです
ご自由にお持ち帰りください